[PR]

ボストン・マラソン同時爆発事件

Photo
米ボストンで昨年4月、マラソン大会会場で2発の爆弾が連続してさく裂し、3人が死亡、260人以上が負傷したテロ事件から1年となる15日、ボストン中心部で式典が開かれた。写真は旗を掲げる地元警官ら。(時事通信)

ボストン爆破事件から1年 立ち直る街

1年前の悲劇を経て強くなったボストン
 4月18日の金曜日。ボストンの街が、いよいよ、“特別な週末”に突入した。土日の休みを経て、4月の第3月曜日は米国独立戦争開戦を記念した州の休日「ペイトリオッツ・デー」であり、世界最古のマラソン大会が、州都ボストンで開催されるマラソンの日でもある。市民がマラソンのゴールと野球の両方を楽しめるようにという配慮から、レッドソックスの試合は、異例の午前11時から始まるのが恒例だ。州の学校は1週間の春休みに突入。朝晩はまだまだ寒いボストンだが、鳥のさえずり、日差しのまばゆさに春を感じる頃。そして、今年は、例年とは、ひと味違った意味を持つ特別な週末になる。(THE PAGE)
[記事全文]

◆テロの恐怖と痛みを乗り越えて
[映像]ボストン爆弾テロから1年、痛み乗り越えつかんだ幸せ - TBS系(JNN)(4月16日)
ボストンは再び走る テロ1年で追悼式典 - 産経新聞(4月17日)
<ボストン爆破テロ>足切断の16人を支える進化した義足 - 毎日新聞(4月15日)

◆事件から1年
ボストン・マラソンで爆発 写真特集 - 時事通信

Yahoo!ニュース 意識調査

地球と火星の最接近、見た?

2年ぶりに地球に近づいている火星が4月14日に最接近しました。あなたは今回の最接近の様子を見ましたか?

投票せずに結果を見る

意識調査トップへ